交通事故で後遺障害が残った時。

会社の同僚が事故に遭い、しばらく休職しておりました。
久々の出勤となったので、話を聞いてみたら交通事故で後遺障害で手に痺れが残っていて、
イライラするそうです。
神経の後遺症というのでしょうか。
なかなか慣れないと苦笑いしておりましたが、痛みに慣れることはないでしょう。
過失がなく被害者の立場で毎日の生活に後遺症が残るのは辛いものです。
交通事故で後遺障害が残った時、
その人の残りの人生はガラリと風景が変わるのかもしれません。

化粧品輸入などコスメ系も受けるTPP余波。

TPPもまとまってきているとニュースで聞きますが、
なんとも正直今だにしっかりわかりません。
赤字補填案といいますが、現在の農産業なのに、
その厳しい現状で赤字を補填しますといわれても
「赤字覚悟の政策なのか?」と勘ぐってしまって怖くなってきます。
一応、TPP導入後に特に危うくなるであろう、
中小企業についてはアドバイザーをおいて相談に応じる体制をとるとのことですが、
相談とはそもそもなんなのか、どう対策できるのかあやふやな気もします。
農業だけでなく、化粧品輸入などコスメ系ももおそらく余波うけるでしょう。
市民にしてみたら、ルールのよく分からないゲームが始まるようで、
不安ばかりがつのります。

テレビで解説者がホワイトボードにTPPの問題点を書いてくれて。

しきりに、テレビで解説者がホワイトボードにTPPの問題点を書いてくれて、
テロップまで出してくれるんだけど、それを私たちがどう受け止めていいのか、正直悩みます。
安倍首相のもとでは、国民の是非を問うということはなく官邸の意向のままいくでしょうから、
ただただ、脅されているようにしか思えません。
これから、こーんな大変になりますよ。大丈夫ですか?
と言われても傍観するしか一市民にできないなんてなんとも悲しいものです。
ものの価格の暴落とかより、ただでさえ不安定な雇用が
さらに不安定になる恐れが一番怖いです。